• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
ABOUT画像を非表示

About

【現代アーティスト兼子真一による、オンライン・アートプロジェクト】

コロナ禍で作品の伝え方を模索するコンセプトで始めたKANEKO Shinichi. online。人が足を運ぶ展示が困難な現状で、どうやって作品を伝えていくかを実験的に作り上げていくという場をオンライン上に立ち上げました。

現実の展示では、人が場に行き→作品を鑑賞&アーティストと会う→インパクトを受けた作品があれば購入(勿論、鑑賞だけで有難いです)という一連の流れがありますが、それが困難な今、新しい伝え方をオンライン上で出来ないか考えています。最終段階として実際の作品と対面し、仮想を現実化するインパクトを与えたいので、ECサイトをプラットホームにして限定した作品を購入出来るようにしました。この場を活用したプロジェクトを立ち上げ作品を発表する場にしていきたいと考えています。そして、ここが一番難しく伝えたい所なのですが、作品のストーリーやその細部をオンラインを通して鑑賞者と共有する方法を模索しています。試行錯誤を繰り返しながら今後どんどん変化していくと思います。

KANEKO Shinichi. onlineで発表する作品は、オンライン場からのスタートというのが特徴です。この場で発表され、作品のストーリー・細部を見て、気に入れば手に入れることが出来ます。現実空間での展示と並行して、特別で違った楽しみ方ができる場を作れたら、コロナ後の世界で活動の幅も広がると考えています。よろしくお願いいたします。


【 KANEKO Shinichi online. プロジェクト 】

■ vol.1【 世界が終わるまで絵を描く手にした絵から始まる世界 】
コロナ禍で兼子が感じた世界の終わりのイメージを「世界の始まり」へとその意味を変えていく試み。作家が知らない場所で誰かが手にした絵から世界が新たに始まる。
https://kanekoart.official.ec/blog/2020/09/13/173447

■ vol.2【 Scrap Drawing 】
僕は没ローイングを捨てない。何年も溜め込まれた脇役たちは紙の劣化とともに熟成され個性を持ち出す。KANEKO Shinichi. online vol.2 では、時を経て選ばれた絵たちをコラージュした作品「Scrap Drawing」を制作。
https://kanekoart.official.ec/blog/2020/10/02/215145

■ vol.3【 ghost 】
日常に現れたghostをInstagram Storiesで描く。
https://kanekoart.official.ec/blog/2020/12/24/183530

Profiel

兼子 真一 :現代アーティスト
1974年生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。
東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。

"関係"をテーマに、春画の手足に着想を得た「the Couple」シリーズを制作。手足のもつれから、"関係=関わりと交わり"の可視化を試みる。彫刻・ペインティング・ドローイングで展開。

主な展示は、ANAGRA(2020)、画廊宮坂(~2019)、AkaneLounge(2018)、岡野弥生商店×カストリ書房(2017)、CREATIVE SPACE HAYASHI(2014)、国登録有形文化財・旧近藤邸(2013)、由布院アートホール(2011)で個展のほか展示多数。アートフェア東京(2016)、英国での彫刻展Fresh air(2013)に出展。その他に、 iichiko(焼酎)の雑誌広告にドローイングが起用されている(2018~)。

KANEKO Shinichi OFFICIAL SITE:http://www.shinichikaneko.com

FAQ

  • Q.ここにない他の作品(WebsiteやSNSで見た作品)は購入できますか?
    A.作品によって購入の可否がございます。CONTACTページよりお問い合わせください。
  • Q.作品の実物は見れますか?
    A.写真でのご判断でお願いいたします。 実物を見て購入されたい方は、個展・展示会での購入をお勧めいたします。
  • Q.個展・展示はいつどこで見られますか?
    A.個展・展示の際は、このサイトのNEWSの他に、Website・Instagramにて告知いたします。展覧会では展示作品の購入ができます。
  • Q.紙のシワ・ヨレ・汚れ・破れ等は直せますか?
    A.サイト上にあげたドローイングのシワ・ヨレはあえて残しております。ドローイングは制作においてアイデアを見つける為に生まれた絵です。その状況・環境も含んだ作品と考えています、汚れや破れた箇所などもアーティストの思考・模索の痕跡としてご鑑賞ください。
  • Q.購入した絵を使って、グッズを作っても良いですか?
    A.販売目的でのご使用・作品を別の用途で使用することは出来ません。